蟻赴羶

  ―Τα μυρμήγκια πάνε στο ψοφίμι―

A stately mosquito

D
小鳥遊スパークさんマジパネェ・・・
いつかはこうなってみたいものだ

自分はというとHiBまでが安定して出て
HiDがこの間ハッキリした音で出せた程度。
HiBというのはつまり何ぞやというと、
トランペットの基準の音が「B(ベー)」でその2オクターブ上の音。
運指表ではその音が限界と記されているけれどその上も可能。
因みに中学レベルの楽譜だと偶にか稀にHiB付近の音が求められる。

トランペットはリコーダーとかと違って倍音楽器という
要するに音の限界は存在しないといえばしない楽器である。
楽器的な限界は先述のBの5オクターブ上(また下)の音。
人的な限界は3オクターブ上あたりが限界らしいよ。
ソイツの音をWHiB(ダブルハイベー)と言ったりするとか何とか。
ジャズトランペッターとかならその辺りは普通に使うらしい。

取りあえず詳しくはコレとかを見るといいと思うよ。

いずれかWHiも出したいけど今のところHiFかG辺りを出したい。
つまり2オクターブ上のソかラ。この辺りまでは俺でもできそう。
上の動画で言ったらhihiFのこと。
楽器によっていわゆる「ド」の音が違うから面倒臭い。
因みにピアノでいう「ド」はラッパでいう「レ」だったりする。
で、ラッパでいう「ド」はピアノでいう「シ♭」だったりする。

まぁ楽器やってないとその知識は無駄に近いので覚えなくてもいいです(
でも音楽できたらめっさ楽しいよ!難しいのもあるけど。
足踏みも指パッチンも手拍子も楽器じゃないけど
リズムさえあればそれは打楽器重奏みたいなもんさ!
音楽は言葉で伝えられない何かもビシッっと伝わることもあるし
とにかく音楽は素晴らしいよ。まったくまったく。



ちなみに実音はこんなの。
やかんでお湯が沸いてますな


こんなんできると楽しい。
文化祭とか定期演奏会でやりたい。

それはそうと巻き舌しながらふく「フラッター」なる演奏法があるが
フラッター以前に巻き舌ができませんよ僕は!
しかも今度吹く曲にフラッター入ってるじゃないすか!やだー!

・・・どうやったら巻き舌できますかね?(爆